しじみエキスの3つの効果

006
しじみは、古くから栄養豊富な食料として、親しまれてきました。単純に、日々の食事の為に摂取するだけでなく、病気の予防や体調不良の改善の為に摂取することが有効な食料とも言われています。そんなしじみエキスを摂取することで得る事ができる3つの効果について説明していきます。

1つ目は、やはり二日酔いの予防です。しじみエキスの効果としてはよく知られている効果です。アルコールを飲むと、そのほとんどは肝臓で分解されます。その際に、アセトアルデヒドという毒素が発生します。通常は、分解され尿として排出されますが、分解されずに残っていると頭痛や吐き気の原因となります。しじみエキスに含まれるオルニチンはアルコールを分解する作用を助ける働きがあります。その為、しじみエキスを摂取することで二日酔いを緩和する効果があると言われています。

次に、黄疸の予防と改善です。黄疸は胆管が詰まり、胆汁が血液中に流れることで皮膚や目が黄色くなったり、全身に倦怠感が現れたりします。しじみエキスに含まれるタウリンは胆汁の主成分である胆汁酸の分泌を促進させる働きがあります。さらに、しじみエキスに含まれるアドノシン、メチオニン、シスチンも胆汁の流れをスムーズにする働きがあります。その為、しじみエキスを摂取することで胆汁の流れがよくなり胆管の詰まりを改善し、黄疸の予防と改善に効果があるとされています。

そして、最後に貧血の予防と改善です。しじみエキスはビタミンB群が豊富に含まれています。特にビタミンB12には造血作用があります。さらに、しじみエキスには鉄分も含まれている為、ビタミンB12と合わせて貧血の予防、改善に効果を発揮します。

これらのように、しじみエキスには体の不調や、病気に対して予防と改善の効果が期待できる成分が多く含まれています。しかし、上手に摂取することでこのような効果が期待はできますが、薬では無い為、必ず良くなるという話ではありません。深刻な状態の場合には、必ず病院にいきましょう。

カテゴリー: Uncategorized | しじみエキスの3つの効果 はコメントを受け付けていません。